香蘭女学校の歩みHistory

校名の由来

香蘭女学校

与善人居 如入芝蘭之室 久而不聞其香 即与之化

香蘭女学校の「香蘭」は、『孔子家語』六本の「芝蘭の交わり」の一節が由来と伝わっている。芝蘭とは、霊芝と蕑のことであり、めでたい草とかおりの良い草を意味し、すぐれたものや人の喩えにされる。「香蘭」女学校という校名には、芳香の漂う芝蘭を飾る部屋に入るといつの間にか、その良い香りとひとつになるのと同じように、よい人とともに過ごすことで、その立ち振る舞いや価値観などを香り立つごとく身にまとって欲しい、という願いが込められている。

St. Hilda’s School

ヒルダ像

香蘭女学校の欧名St. Hilda’s Schoolは、守護聖人 聖ヒルダの名に因んでつけられた。
香蘭女学校では、ヒルダ祭、ヒルダ賞、聖ヒルダ記念館など、学校の大切な行事や建物の名称には守護聖人 聖ヒルダの名を冠しており、そこには香蘭女学校が聖ヒルダの名に恥じない良き学びと交わりの場となるように、という願いが込められている。

校章

香蘭女学校の校章は、「香」を中心に「蘭」の花をあしらったデザインで、正式名称を「蘭花抱合双薫ノ紋様(らんかほうごうそうくんのもんよう)」という。明治時代に制定され、当時の校旗が写った写真にその校章を見ることができる。この校旗は、太平洋戦争中の空襲で学校が全焼した際に焼失した。戦後、以前の校章の記録をもとに、元美術科教員・広澤隆太先生が改めてデザインし直し、新しい校旗を制作、現在の校章が完成した。

  • 現在の校章
  • 創立時の校章
  • 校章バッジ

スクールカラー

1941(昭和16)年、荏原区平塚校地(現 品川区旗の台校地)で行われた新校舎竣成時、記念品として陶磁器製のペーパーウェイトが在校生にも配られた。スクールカラーは緑色との口伝はあったが、第16代校長・鈴木弘先生のもと創立130周年を期に、この陶磁器製のペーパーウェイトの色である「花緑青(はなろくしょう)」をスクールカラーに定めた。

校歌・創立記念日の歌

校歌

香蘭女学校の校歌は、明治時代に第3代校長・富田俊先生(東京女学館第1回卒業生)によって作詞され、時代を越えて100年以上もの間、香蘭女学校の教職員、生徒、校友生によって歌い継がれてきた。当初は4番まであったが、1964(昭和39)年頃に3番が削除され、現在の形になった。

創立記念日の歌

大正時代の通知簿(※)に掲載されていた歌詞を元国語科教員・関修司先生が補作した。楽譜はなく、生徒から募集することになった(2011(平成23)年11月8日公募開始、2012(平成24)年3月12日〆切)。15名ほどの生徒作品が寄せられ、川野生衣さん(120回生・当時高等科3年)の作品が採用された。 ※ 教育勅語、香蘭女学校主意(学校の教育方針)の概要、生徒心得、校歌や(創立)記念日の歌が掲載され、現在の生徒手帳、通知表、健康診断手帳、連絡簿などの役割もすべて兼ねたもの。

香蘭女学校の歴史

1873 明治6
英国SPG派遣のA.C.ショー、W.B.ライトの両師、東京で伝道開始
1886 明治19
E.ビカステス主教来日
1887 明治20
E.ビカステス主教、今井壽道先生を初代校長として香蘭女学校設立願提出
  • ビカステス主教
  • 主教館
  • 今井壽道初代校長
1888 明治21
麻布区永坂町1番地に校舎完成/4月開校、授業開始(修業年限4年・生徒数7名)
  • ジョサイア・コンドル設計の校舎
  • 礼拝堂
  • クリケットに興じる生徒
1892 明治25
第1回卒業式(卒業生1名)
1899 明治32
高等女学校令が公布されたが、キリスト教教育を貫くため各種学校に留まる
1903 明治36
第1回バザー開催
  • 第1回バザー
1910 明治43
11月16日 0時20分火災 1時間で校舎を焼失
  • 永坂の校舎の焼け跡での生徒たち
  • 海外で掲載された火事焼失の募金呼びかけ記事
1912 大正元
9月12日芝区白金360番地の新校舎に移転/9月19日 開校式挙行(9月19日を創立記念日に制定)
  • 白金三光町の新校舎
  • 新校舎落成記念の集合写真
  • 英国殿下の名を冠した講堂・コンノートホール
1920 大正9
日本女子補導団(ガールガイド)創設、東京第一組結成/聖歌隊(クワイヤー)を創設
  • ミス M.グリンストリートと初期のGirl Guides
1941 昭和16
3月21日 荏原区平塚7丁目1046(現校地)に移転/10月27日 校舎落成式
  • 新校地の校門
  • 英国風の洋館(教員室)
  • 平塚時代の新校舎
1943 昭和18
帝都防衛城南部隊によって校舎の一部が接収され、軍が常駐
  • 軍部に強いられて退職する井上仁吉校長と志保澤トキ教諭を送る
  • 空襲で全焼した校舎の焼け跡
1945 昭和20
香蘭女学校から香蘭高等女学校に改組/5月24日 夜の空襲により校舎焼失(8月15日 終戦)/九品仏浄真寺境内の建物を借り、12月より授業再開
  • 九品仏仮校舎
  • 仮校舎での授業
1948 昭和23
11月 九品仏浄真寺から現校地に戻る
  • 再建になった新校舎
  • 特別教室棟(旧・南館)
  • セント ヒルダス ホール
1969 昭和44
生徒会発足
1972 昭和47
父母の会発足
1973 昭和48
中高生徒会分離/ヒルダ祭運営実行委員会を組織/第1回ヒルダ祭開催
1988 昭和63
香蘭女学校 創立100周年
  • 創立100周年目の全校生徒
2007 平成19
BIG SISTER制度を新たに開始
2011 平成23
香蘭女学校維持後援会 設立
2018 平成30
香蘭女学校創立130周年を迎える
2020 令和2
クワイヤー、ガールスカウト創設100周年を迎える

周年行事

2020年度〜2023年度は,香蘭女学校にとって重要な事柄が開始,創設されてから100年以上経過するものが多い。

  1. 校門(2018年に建立100年) 
  2. ビカステス主教(2020年に生誕170周年)
  3. 聖ヒルダミッションおよび女性宣教師たちの働き
  4. ミス ソントン  1888年より奉職 / 1904年に日本で永眠
    ミス タナー  1911年に奉職 / 1940年に帰英
    ミス ウーレー  1923年より奉職 / 1964年に帰英
    ミス ヘイルストン  1924年より奉職 / 1965年に帰英
    ミス チャンドラ  1953年より奉職 / 1985年に帰英
  5. バザー(1903年より開催 / 2023年にバザーを始めてから120年目(戦時中,1〜2回開催中止))
  6. 創立記念日(1912年制定 / 2022年に110回目)
  7. ガールスカウト(1920年創設 / 2020年に創立100年)
  8. クワイヤー(1920年創設 / 2020年に創立100年)
  9. 校友会(1896年創設 / 2021年に創設115年 / 校友会・同交会に分離してから2021年に95年)
  10. 校地の変遷(1941年3月21日移転 / 2021年3月21日に旗の台移転80年)

学校史資料室